愛知県名古屋市丸の内で法律相談なら、親しみやすい弁護士のいる山口統平法律事務所へ。

業務内容

  • HOME »
  • 業務内容

顧問契約

顧問契約とは,
法律相談が無料になり,弁護士に依頼するときの弁護士費用の額が通常より安くなる代償に,毎月一定額の顧問料をお支払いいただく契約です。
普段事業をなさっていたり,生活をされていると,さまざまなトラブルに巻き込まれることがあるかと思います。
そのようなときに,顧問弁護士がいるというだけで,相手方に対するけん制にもなりますし,実際,顧問弁護士に相談・依頼することで,通常より弁護士費用を抑えることも期待できます。
顧問料につきましては,会社の規模・相談の多寡によって様々ですが,
月1万円~5万円が多くなっております。

民事事件

相続・離婚・交通トラブルなど,人と人とが生活していると何かとトラブルは付き物です。
そんなとき,弁護士に依頼してきちんと自分の正当な権利を主張することで,無用の泣き寝入りをする必要がなくなるかもしれません。
もちろん,弁護士に依頼してもどうしようもないことは多々あります。
そのような場合でも,弁護士に相談することにより,弁護士以外の機関を使って解決できる方策が見つかるかもしれませんし,何より,一緒に戦ってくれる弁護士がいるというだけで心強い存在になれればと思っております。

相続トラブルについて詳しく見る

離婚トラブルについて詳しく見る

刑事事件

警察に逮捕されたとき,まずは当番弁護士を呼ぶことができます。
しかし当番弁護士を呼んだとしても,いろいろな手続きがあるため,呼んだ次の日にしか当番弁護士は来られない場合が多いです。
知り合いの弁護士がいれば,その弁護士を呼んでほしいと警察に伝えることにより,警察から弁護士に連絡が入ります。
被害者がいる事件の場合,被害者と示談することで早期に釈放される可能性があります。
また,弁護士のアドバイスを受けることで,警察の取調べに対しどのような点に注意すればよいかがわかります。
不当な捜査・取調べに対しては,弁護士から検察側に連絡が行くため,弁護人を付けている人に対して警察は慎重になります。
刑事裁判で無罪になる確率は非常に低いですが,裁判になる前に証拠不十分等の実質無罪で釈放されている人は少なくありません。
警察に関するトラブルに巻き込まれた場合,速やかに弁護士に相談するようにしましょう。

PAGETOP
© Yamaguchi Touhei law office, All Rights Reserved.